新緑

f:id:irodori-no-sekai:20200529114909j:plain

南のほうのパン屋さんまでポロクルを走らせ、お目当ての食パンのほか、あんぱんやクロワッサンなどを買った。東に向かってペダルを踏んで、不慣れな道をのんびり進む。パークホテルのポートに返却。天気がよく、ほどほどに暑く、中島公園に行ってみようと思ったのだけど、その前に豊平川の遊歩道をのんびり歩くことにした。
川は澱みなく流れ、空はただ青かった。幌平橋の駅までたどりつき、中島公園を南側から歩くことにした。ベンチに腰掛け、小川のせせらぎに耳を澄ませながら、さっき買ったあんぱんをほおばった。こしあんの甘さ。けしの実の香ばしさ。小鳥のさえずり。若くて力強い、緑のにおい。

この春札幌を去った上司が、「豊平川沿いのマンションに住んでいる」と話してくれたことがあった。昨年、一度たりともこのあたりに寄りつかなかったのは、できるだけ、彼の私生活を遠ざけていたかったからだ。
久しぶりに思い出した。「元気にしているかな」なんて至極ありきたりなことを、ちょっとだけ考えた。

祖母が、庭でとれたニラとアスパラとフキを送ってきたと母親が連絡をよこした。一度自宅に帰り、洗濯物を取り込んでから、おすそわけをもらいに実家に行った。
11,683歩。よく歩いた一日。

f:id:irodori-no-sekai:20200530114934j:plain

翌日も天気がよく、いてもたってもいられず、旭山記念公園へ行ってきた。徒歩で。
上り坂には想像以上に苦労したけど、景色も想像以上にすばらしかった。
帰り道、ライラックはもうそろそろ終わりだろうか…と薄紫色の花を見上げると、ポプラのふわふわがたくさん舞っていた。陽光にきらめきながらただよう綿毛は、まるで初夏の雪のようでとても幻想的だった。
人間が自粛をしていても、季節はすこしも歩みを止めない。置いてけぼりにされたようでなんだか寂しい気持ちになるけど、自粛でも、そうじゃなくても、流れる毎日に置いていかれないよう自分自身が歩き続けたい。

ホームセンターに立ち寄って、アイビーとポトスの苗を買った。先住のガジュマルとカポックとともに、午後はベランダで植え替えをした。ガジュマルは5年、カポックは8年育てている。新しい友人たちも、長く大切に育ててあげたい。
11,701歩。夜、すこし足がだるかった。

今日は札幌の中心部へ行き、帰りにドラッグストアに寄って帰った。緊急事態宣言明けの週末だけれど、思ったほど人はいなかった。
7,641歩。こんなもんかな。

f:id:irodori-no-sekai:20200528195755j:plain

ブルーインパルスが東京の上空を飛んだというニュースを見た。みんなが、同じ空を見上げて笑っていた。東京駅で、東京タワーで、スカイツリーで、新宿で、職場で、自宅で、病院の屋上で。
こういうの、いいなぁ、と思ったよ。素敵だなぁ、と思った。心から思った。

札幌では、JRタワーが笑っていたよ。

Strawberry red

f:id:irodori-no-sekai:20200524091212j:plain

「Qu'ils mangent de la brioche !」と宣った(とされる)マリー・アントワネットと同じような発想で、「カフェに行けないならおうちでカフェすればいいじゃない」と思い立ち、昨日の夕方、スーパーでそろそろ旬を過ぎそうないちごを買ってきたのだった。

甘さ控えめの卵液に食パンをひたして、片面数十秒ずつ電子レンジにかければ、まるで一晩置いたようにパンが卵液を吸収する。フライパンにバターを熱し、ぷるんぷるんになったパンを弱火でじっくり焼きながら、いちごを適当に切っておく。焼き上がったらお皿に移し、同じフライパンでいちごとメープルシロップ、はちみつを煮立ててソースの完成。挽きたてのコーヒーにミルクをたっぷり入れた、あたたかいカフェオレとともに。

日曜日の朝、至福の時間でござった。

橙色

きのう、NHKの「路」というドラマを見ていたら、えも言われぬ懐かしさが込み上げた。
今朝になって本棚をひっくり返し、原作の文庫本を探し当てた。2015年に初版を購入していた(し、このブログにも当時の記録が残っていた)。
その前年にたまたま台湾に行き、実際に台湾高速鐡道に乗車したこともあって、ページをめくる手が止まらなかったことをよく覚えている。読み終えるのがもったいないと思う本に出会うことはなかなかないが、この本はまさにそうだった。ほんとうにおもしろかった。
10月の台湾は夏のように暑くて、照りつける陽射しがまぶしくて、街角のファミマに入ると八角の匂いがして異国に来たことを思い知らされた。夜市の雑多な雰囲気、台北101からの夜景の美しさ、タピオカミルクティーの甘ったるさ、土産物屋の軒先で惰眠を貪っていた猫、「思い切って行ってみたら?」と背中を押してくれたあのひとのやさしい声。
ドラマを見ながら思い出すすべてのことが懐かしくてたまらなかった。
わたしが福岡にいたころの話だから、もう、5年も6年も前のことだ。

Stay Homeと言われて過ごした連休は、半分ほど実家で過ごし、半分は自宅にいた。
窓をピカピカに磨いて、衣替えをして、最低限の断捨離をして、裁断したままになっていた生地をミシンで仕上げて(テーパードパンツの完成)、祖母から大量に届いた行者にんにくを醤油漬けにして、ときどきお昼寝もして。やろうと思っていたことの8割はできたから上出来。
仕事は相変わらず忙しいし、課長には怒られるし、新人の指導はうまくいかないし、それでもなんとか踏ん張って毎日をやり過ごしている。

世の中も、わたしの身近にも、不条理だと思うことはいろいろあるけど、そう感じているのはたぶんわたしだけじゃないからね。大方のことに満足していても、大なり小なり、不安や悩みを抱えている人もきっといるだろう。ごはんを食べて、お風呂に入って、よく眠ることさえできればだいじょうぶだと思いつつ、思うように気晴らしできず、逃げ場もないようなこの状況を悲観しないわけでもない。
それでも、あしたも、あさっても、命ある限り生きていくことしかできない。だからこそ、なるべく飄々としていたい。余計な感情に左右されたくない。…と、最近はそんなことを考えている。
徒歩で通勤するようになって2kg痩せた。長く伸びた髪を5cm切っただけでずいぶん雰囲気が変わった。マスクばかりで目元と眉以外の化粧を全くしなくなり、会社ですっぴんをさらけ出すことに何のためらいもなくなった。余計なことに気を遣いたくない。ひととしてのやさしさとか思いやりとか、そういう最低限の気遣いだけで十分だと思う。上手に気を抜き、手を抜いて、もうすこし自分をかわいがってあげないと、さすがに自分がかわいそう。

ブラウスの型紙を取ろうかな。それとも久しぶりに勉強でもしようかな。
日曜日の昼下がり、何をして過ごすか悩む時間が一番贅沢な気がして、いつまでもこうしていたいと思わずにはいられない。