霞色

仕事がうまくいかない。職場のとある男性に腹が立つこともしばしばで、イライラもストレスも最高潮に達し、職場で暴言ばかり吐いている今日このごろ。こういうことが続くといつも、「仕事辞めたい」って思う。どうしたら働かずに生きていけるだろうか。最近は毎日そればかり考えている。

多くのひとが悲しみに暮れた金曜日は、まもなく土曜日に変わろうとしていた。わたしは新宿で友人とごはんを食べて横浜に帰ってきた。お酒を飲まなかったから、ずいぶんと遅い時間だったものの、めずらしくシラフだった。
終電が迫り足早に駆けていく人々。酔いつぶれた友人を介抱することすら楽しそうな学生たち。駅構内の柱にもたれかかり名残惜しそうにいちゃいちゃするカップル。早くも帰ることを諦めて地べたで眠りこけるサラリーマン。どういう理由からか、涙を流して話し込んでいる女性二人組。
それぞれがそれぞれに、悩みを抱えながら生きているのだろう。わたしは混雑した横浜駅でふとそんなことを考えていた。

髪がロングヘア―になりつつある。人生初の長い髪。切りたい。