先日、ふと思い立って炊飯用の土鍋を買った。無印良品のものだ。
わたしは昔から白いごはんが大好きで、チャーハンより、炊き込みごはんより、おにぎりよりも「白いごはんがいい」という子どもだった。ほんの少しの主菜と副菜、それに、お茶碗に山盛りによそったごはんがあれば、毎度の食事は事足りていた。焼肉に行っても、肝心のお肉は少しでよくて、何より白いごはんをたくさん食べたがった。まぁ、それは今も変わらないのだけど。
食べることや食べるものにさほどこだわりはないものの、最近は、忙しさにかまけて食事を蔑ろにしていた。太るのがいやで、夜遅くに帰った日には欠食することもあった。でも、それじゃあいけないな、と、ふと思った。
「土鍋で炊くごはんはおいしいよ」と聞いて、食べてみたくなった。100円ショップにも土鍋は売っているらしいけど、どうせなら長く使えるいいものを買おうと思った。

最初は残りごはんでお粥を炊くのが大切らしい。そうすることで、ごはんのでんぷん質が土鍋に染みわたり、いわゆる“糊”の役目を果たし水漏れ防止の効果があるんだとか。
まぁ、前述のとおり、わたしは「白いごはんがいい」のであって、お粥は食べることができない。べちゃべちゃしたやわらかいお米が苦手なのである。(ちなみに、もち米のつぶつぶが残ったままのおはぎや五平餅の類も苦手。お餅は大好き。)
土鍋おろしが終わったところで、いよいよ炊飯。20分水でうるかしたお米を、既定の量の水よりちょっと少な目で炊いてみる。最初から強火でいいらしい。10分強、辛抱強く待っていたら、蓋のすき間から泡が出てきた。ガスを止めて20分蒸らす。蓋を開ける。

あぁ、ごはんがぴかぴかつやつやしていて、つぶが立っている!

おいしいごはんのためのおかずは、ちょっとでいいくせに張り切っていろいろこしらえてしまった。いなり餃子、野菜とささみの和え物、キャベツの塩だれ、トマトと玉ねぎのサラダ。最近は、ずっと苦手だった納豆も食べられるようになった。おいしいごはんにねぎたっぷりの納豆をかけて「いただきます」だなんてすばらしいじゃないか!

さて、肝心の白いごはんは、炊く前に少しうるかしすぎたのか、ちょっぴりやわらかめの炊き上がり。でも文句なしにおいしいごはんだった。おいしいごはんって、それだけでこんなにも心を満たしてくれるんだと感動した。
“食べること”って、生きていくうえでやっぱり大切なこと。大事にしなくちゃいけないこと。

さぁ、おいしいごはんを食べて明日からの一週間も元気に乗り切りたいと思います。