sandybrown

会社帰りに寄った100円ショップで偶然すきなひとを見つけた。彼はレジに並んでいた。わたしは彼が並んでいる列とは違うレジに並んだ。お会計を終えて彼を探すと、彼はもういなかった。声をかければよかったと思ったけど、「まぁいいか」とわたしもバスに乗り込んだ。
週末は彼のことばかり考えていた。「彼に会いたい」と数えきれないほど思いながら、結局彼に会うことはなかった。わたしが連絡しない限り彼から連絡が来るはずもなく、そんなことは百も承知で彼のことをすきでいるんだけど、あぁ、またここにきてマイナスの感情が首をもたげはじめた。
「きっと君の気持ちに気づいてて、ときどきそんなプレゼントもくれて、それでも、どっちつかずのあのひとはいい歳して何やってんのかなと思うけど」と、先日同期の男の子に言われた。悔しいけど「納得!」のひと言に尽きる。
ほんと、何やってんのかな、と思う。彼も、わたしも。

ところで、甲子園がおもしろい。今日は九国も興南も負けてしまって、九州勢はベスト4に残れなかった。宮城と神奈川、東京が2校…関東が強いのがなぜか癪に障る。でも、みんなみんな最後までがんばりぬいてほしい。
お昼休みに、部長席の前にあるテレビでおじさんたちが甲子園を観ている。(わたしも仲間に入れてほしいけどそんなこと言えない。)「野球なんてまったく興味がない」と言い放つ彼はいわゆる“お付き合い”で観ているらしい。今日の第二試合、花咲徳栄(埼玉)が負けたときには「負けちゃいましたか~」といかにも残念そうな彼の声が聞こえてきたけど、一体どこまでが本心なんだろう…オトナの男社会にもめんどくさい付き合いがあるようで、わたしからすればとてもくだらない関係だと思う。
九国も興南も負けてしまった今、個人的には仙台育英を応援している。仙台育英の第一回戦(vs 明豊)を観ていて、貴重な九州勢がコテンパンに負かされてしまった悔しさとともに「これはいいところまで行くだろうな」と直感的に思ったから。次戦はいよいよ早実との対戦…厳しい戦いになるだろうけど、ここはどうか仙台育英に決勝に進んでもらいたい!

お盆休み返上で働いていたわたしは特に何の感慨もないけれど、世間ではお盆が明けたらしい。ここのところ仕事が忙しすぎてハイになってる。このまま万事上手く…いくわけないか。

今日現在を最高値で通過して行こうよ
昨日まで電池を残す考えなんてないの
昨日の誤解で歪んだ焦点は
新しく合わせて

(閃光少女/東京事変


久々に聴いたけど、やっぱりすきな歌だ。
明日のために電池を残しておくよりも、今日使い切ってしまおう。 夜はゆっくり眠ってたっぷり充電して、また明日出かけるときには100%満たされた状態で出かければいいじゃない。立ち止まって俯くことも、足跡を振り返ることも、空を仰いで涙をこらえることもあるけど、それでも毎日全力投球で生きてゆきたい。そんなふうに思う。

明日の朝、彼に会ったら「昨日100円ショップにいたでしょ?」と尋ねてみよう。ちゃんと素直になって、久しぶりに彼の笑顔に会いにいこう。