紫紺

気づけばわたしも社会人5年目、今日は久しぶりに先輩に叱られた。
叱られたというか、「こいつは5年目になってなぜそんなこともわからないのか」と哀れんだであろう先輩は、穏やかな口調で、でも言葉は辛辣に、「そんなことをしていてはどこの会社に行っても食っていけない」と言ってくれた。
忙しさのあまりいろいろなことをおざなりにしていたり、わからないことをわからないままにしていたり、物事をよく考えずに見切り発車させようとしたり。思い当たる原因はいくらでも見つかった。最近は本当に目が回るような忙しさで、思うように仕事が進まなくて、焦って、間違って、イライラして、終わらなくて、こっそり休日出勤することもしばしばで、こんな仕事の仕方はダメだと思いながらも、「なんとかなるさ」で動いていた。至極当たり前のことだけど、それがすべての間違いだった。
大きな過ちを犯す前に先輩は止めてくれた。先輩に「なんで止めたかわかってる?」と聞かれて、すぐに答えられなかったのはとても恥ずかしいこと。本当に、穴があったら入りたいと思った。
叱られて悔しかった。泣きそうになった。でも、泣きそうになったのはうれしかったからだ。先輩の「ちゃんと育ってほしい」が伝わってきたからだ。この気持ちを忘れたくないと思って、ここに残しておくことにした。