常盤緑

松江城の石垣にハートマークの石。どれがハートかわかるかな?

明日は午後から横浜へ出張。早く荷造りをしなければ…と思うけれど、なんだかこころもからだも緩みきっていて何もする気にならない。福岡に来て3ヶ月半、最近は飛行機にばかり乗っている。たまには新幹線にも乗りたいのに!なんてくだらないことを考えながら、久しぶりの横浜に胸をときめかせてもいる。

金曜日から3連休をはさんで昨日まで、すきなひとは夏休みを取って埼玉へ帰っていたから、わたしは旅のおみやげを彼の机の上にこっそり置いておいた。
今朝、久しぶりに出社した彼は、うずたかく積まれた書類の中にわたしのおみやげを見つけたようで、「どうもありがとう」とメールをくれた。彼に話したいことが山のようにあったから、メールを返すついでに「お昼ごはんをいっしょに食べに行きましょう」と彼を誘った。わたしはお昼休みが待ち遠しかった。

12時を少し過ぎたころ、わたしは一週間と3日ぶりに彼に会った。「お久しぶりです」と声をかけたら、「別に何年も会っていないわけじゃないよ」と言って彼は笑った。その笑顔がすきだと思った。
会社の近くにある市場でアジフライ定食を食べながら、とりとめのない話をひたすらに聞いてもらった。以前から彼も気にしていた話のネタをたくさん仕入れておいたのに、「あなたに会えないうちに少しずつ忘れてしまった」と告げると、「飲みに行けば思い出すかもしれないから、来週飲みに行こう」と言われて、それが冗談でもうれしかった。

明日から出張のわたし、明日の夜、再び埼玉へとんぼ帰りする彼。また数日会えない日が続くけれど、以前のように「さみしい」とはあまり思わない。
花火を見に行きたいという話をするのを忘れた。映画を観に行く日を決めなくちゃ。すこし先の予定に、彼との約束がほそぼそと続いてゆく。それだけでわたしは満ち足りた気持ちになる。

さぁ、そろそろ荷造りを始めようか。