deeppink

福岡に来てからというものの、週末に限っていつも雨が降ったり、曇ったりしていた。何度目かの週末を迎えた今日、やっと初めて週末の青空に恵まれたので、わたしは意気揚々と「能古島」というところへ出かけてきた。
自宅近くのバス停から30分ほどバスに揺られて姪浜船場へ行き、フェリーに10分乗ればそこはもう能古島、という比較的気軽に行ける距離にこの島は浮かんでいる。島の北側には「のこのしまアイランドパーク」という大きな公園があり、わたしもそこへ向かうことにした。

花盛りの週末とあって、園内は思ったよりも混雑していた。家族連れやカップル等でにぎわう中、わたしはひとりでのんびりと写真を撮って過ごした。
リビングストンデージーやひなげしの花が見事に咲きそろい、これからの季節はマリーゴールドが見ごろだろうか。秋になれば、一面のコスモス畑の向こうに海の中道志賀島を望むことができるらしい。その季節にまたゆっくり来ようと決め、わたしは2時間ほどで島を後にした。

帰宅後、疲れたのかうたた寝をしてしまい、気がついたら外は暗くなっていた。冷蔵庫の残り物をおかずに簡単な夕食を済ませ、何てことない土曜日が終わった。