虹色

彼が亡くなったことは、2009年のクリスマスの夕方にテレビのニュースで知った。当時からフジファブリックの有名どころの曲はよく聴いていたから、そのニュースを見たときは結構な衝撃を受けた。

このごろフジファブリックの曲ばかり聴いているのは、明日が志村さんの命日だからだろうか。何度も何度も聴いたCDを何度も何度も聴き返して、何度も何度も観たPVを何度も何度も観返して、そのたびに、彼がいなくなってしまったことの大きさを実感する。29歳で突然逝ってしまうだなんて、早すぎるよなぁ。若すぎるよなぁ。

ミスチルの桜井さんがBank Bandでカバーしたこの曲、桜井さんが唄うことによってさらに多くの人が「フジファブリック」というバンドの存在を知ったのではないかと。

これは秋になったら必ず「聴きたい」と思う曲であり、その昔、高校のときに好きだったひとがこの曲についてわたしと似たようなことを言っていたなぁ、と、ふと思い出したりする曲でもある。

長年の夢を叶えてステージに立ち、一番思い入れのある(であろう)歌を渾身の力を込めて唄い、演奏している志村さんの姿に思わずもらい泣き。すごく素敵。かっこいい。

きっと、空の上の上のほうから志村さんも一緒に唄っていただろうなぁ。この映像を観るたびにそんなことを考える。