cherry pink

恩田陸の「黄昏の百合の骨」読了。久々の読書だった。
所謂「水野理瀬シリーズ」である。数ヶ月前に「麦の海に沈む果実」を読んでその面白さに感嘆し、これがシリーズものだと知ってからは街にある古本屋をくまなく見て歩いたほど。(今住んでいるところは図書館が近くにないので、それが非常に不便。)
今回読了した本も期待を裏切らない面白さで、ほんの数時間であっという間に読み終えてしまった。ミステリーは好んで読むことはないが、恩田陸だけは別。最近読んだ「ドミノ」も面白かったな。

夏のセールが始まったが、今のところは物欲よりも旅行欲。いよいよ迎える2013年下半期、お金も時間も上手に使って、ワタシらしい充実した半年を過ごしたい。