orange

先週火曜日にミスチルの新しいアルバムを手に入れてから、毎日必ず、少なくとも一周は聴いてるけど、1曲目の「hypnosis」でわたしは決まって涙する。それは「名もなき詩」もしくは「終わりなき旅」を初めて聴いたときに受けた衝撃ととてもよく似ていて、久々にガツンと胸を打つ一曲だと、個人的には思ってる。
今年5月の東京ドームでのライブが、わたしにとっての生まれて初めてのミスチルのライブだった。会社のひとが連れて行ってくれた。今回のツアーも、チケットが当たったら連れて行ってくれるという。紆余曲折あってそのひととはものすごくへんてこりんな出会い方だったけど、こういうご縁もあるんだなぁと、思い出すだけで笑わずにはいられない。
12月になって、大掃除とか、年賀状とか、忘年会とか、身の回りがなんだか忙しなくなってきたけれど、とりあえず、今週は忙しすぎる仕事と週末の親友の結婚式に自らの総力を上げてバランスを取っていきたいと思う。